スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめけ☆ナルル!! 第1話 (4代目フランジュ編)

最初はワンド編から公開する予定でしたが、
キャラ紹介も兼ねてフランジュ編から公開した方がわかりやすい気がして
急きょ変更しました



書き方はしばらく安定しなそうな気もしますが
フランジュ視点で書いていく予定でいます


今回は最初の1日のみのプレイ記です










学校に入学したのは昨日のことのよう

気がつけばあれから3年過ぎていた



NALULU_SS_0002_20130509122721.jpg
NALULU_SS_0003_20130509122722.jpg
NALULU_SS_0004_20130509122724.jpg

父も母もあたしの成人を喜んでくれている

あたしは父や母のように立派になりたい・・・
それ以上に、負けないように・・・


そんな思いを抱え、王宮前と向かった


223年あたしは成人する


NALULU_SS_0018_20130509122725.jpg

あたしの同級生はあたしを含めて7人

3年間共に学校で過ごしたもの馴染みのある顔ばかり

大人の代表たちに認められ、うれしくもこそばゆい様なそんな気持ち



NALULU_SS_0019_20130429141721.jpg



こうしてあたしたちは成人した







<4代目:フランジュ編>


tokimeke0_convert_20130510223616.jpg

※本当は「ときめきナルル」としたいところですが、
私が書くとときめき足りなくなりそうなので命令形で「ときめけ」です
ときめいた話が書けるように


第1話








まずはあたしの紹介

あたしはフランジュ・ハーゲンゼン

NALULU_SS_0020_20130509122925.jpgNALULU_SS_0021_20130509122926.jpg

この国でハーゲンゼン家と言えばあたしの一家しかいない

あたしは4人兄弟の末っ子で、兄が1人、姉が2人

兄姉達はみんな結婚して家を出ている

小さい頃のあたしは末っ子で甘えるよりも
兄たちに合わせるように大人びた態度をしてたと思う
周りからは淡々とした子どもとして目に映っていたんじゃないかな

結婚して家を出ても兄弟であることには変わりはない

外で会えば気さくに話す


NALULU_SS_0092_20130510225405.jpg

長男ヴィクター、兄は同級生のアリサさんと結婚
あたしとは4つ離れてる、父と母とともに風の騎士でもある

NALULU_SS_0127_20130510225407.jpg

長女ヒルデガルド、兄の同級生ゲリーさんと結婚
家族で唯一才能を持ってる

NALULU_SS_0094_20130510225406.jpg

次女ワンダルシア、同級生のヴァレリオさんと結婚
家族で初めて「エナの子」をとったわ


子どもの頃は兄ちゃ、姉ちゃなんて呼んでたけど
大人になってもそれじゃ恥ずかしい

・・・だから名前で呼ぶことにしてる

でも、親は親父、お袋って呼ぶの、親を呼び捨てで呼ぶわけにはいかないしね
お父様とか父さんってあたしの性にも合わない





あたしの引き出しの中身と友人一覧もちょっと紹介しておくわね

NALULU_SS_0044_20130510224047.jpg

子どもの頃集めていた宝物
(青い本と龍の雫と白いラムサラは大人になってから入れてます)

なんでこんなもの集めたんだろうって思ったりもする


convert_20130509124626

(友人欄3P目にヒルデが!
4P目には兄と父が・・・
父ワンドは元PCで話したつもりだったのにギリギリ)


あたしは1つ年下の男の子たちと遊ぶことが多かった
兄弟で1番下のあたしはちょっとお姉さん気分も味わえて優越感にも浸ってたっけ

1_convert_20130509124454.jpg

2_convert_20130509124610.jpg

子どもと大人の壁って大きいのよ
ただ1年ってそうたいした壁にはならないこともあるのね






<第1話:新しい世界>

成人式も終わり、周囲を見渡すと見慣れた顔の子たちは

こんな顔だったけって思うほどきれいに、かっこよくなっていた


NALULU_SS_0037_20130510224004.jpgNALULU_SS_0038_20130510224005.jpg

NALULU_SS_0039_20130510224006.jpgNALULU_SS_0040_20130510224044.jpg

(見事に女の子たちとは会話してなかったけどそういうものだよね、ナルルは
  ナサニエル君とも知人外なことには驚いたな)






いつも一緒に遊んでた少年の大人になった横顔をみてどきっとする

NALULU_SS_0034_20130510224001.jpg

その少年だったエーフライムは隣にいたフェリシアと楽しそうに話している

子どもの頃はあたしと毎日のように遊んで、お互いの誕生会でも祝いあった
大人になってもその友情は変わらない、そう思っている

友情・・・エーフライムが誰と仲良くしたってあたしには関係ないこと
友達としてみてるだけ

ただ、最初に声を掛けてもらえなかったことが少し・・・

何て言うんだろ?悔しいっていうか、寂しいっていうか
この気持ちがなんなのか自分でもよくわからなかった

そんなあたしの視線に気が付いたのか、フェリシアとの話を終えた彼がやってきた

NALULU_SS_0071_20121104222522.jpg「フランジュちゃんどうしたの?」

NALULU_SS_0089_20121104222510.jpg「なんでもないわ」

NALULU_SS_0071_20121104222522.jpg「そう?」

なんでもないことはなかったんだけど、
表現できない気持ちをどうこう言っても仕方がない

NALULU_SS_0071_20121104222522.jpg「何かあれば話してよ
    僕たち昔からいつも一緒だったよね?
    君のことなら誰よりもわかるつもりなんだけどな」


NALULU_SS_0089_20121104222510.jpg「そうね
    あたしたちはいつも一緒だった
    そう、だから大人になっても・・・」

NALULU_SS_0036_20130510224003.jpg

あたしが言おうと思ったこと彼に言われてどきっとした
同じこと考えていたのかと思うと、なんかホッとした

「じゃあ、また」なんて言って花壇の方へ向かっていく

大人になって疎遠になるのはとても寂しい

エーフライムは気さくで誰とでもすぐに仲良くなれるから、意外とモテるのよ
本人は気付いているのかどうかわからないけど


あたしもアナタのこと誰よりもわかるつもりよ




あたしも花壇に花を植えて、王宮前通りにやってきた

赤毛の男の子が楽しそうに新しい年を祝っている


NALULU_SS_0042_20130510224046.jpg

アルヴィン・ランス君

子供のころ何度か話しただけだけど
この子は王太子殿下の長男

NALULU_SS_0089_20121104222510.jpg「楽しそうね」

NALULU_SS_0052_20130512225220.jpg「今年はいい年なんだ!オレも大人に近づく第一歩を踏み出すんだから」
 
大人に近づく第一歩?

NALULU_SS_0052_20130512225220.jpg「姉ちゃんは・・・あまり見ない顔・・・あ!」


NALULU_SS_0052_20130512225220.jpg「もしかして今日大人になったのか!?うらやましいぜ」
  服が変わると人って変わるよな~」

NALULU_SS_0089_20121104222510.jpg「そうね、大人になったていうか認められたっていうか
  確かに服が変わると印象って変わるわよね」

アルヴィン君は友達を見かけたようで走って行った

ほほえましくもある彼から視線を外すとよく知った顔があった



少し離れたところにいた見慣れた顔を見かけて、走って駆け寄った

家も近所で子供のころは遊んでもらった1歳年上のルノーだ 

大人になってもまた遊んでくれるのかな

NALULU_SS_0097_20130510224048.jpg

「ほら、フランジュちゃんかわいくなっただろ?
彼女に勘違いされるかもしれないし」

ルノーに結婚間近な彼女がいるのは知っているけど・・・
彼女がいるとあたしと仲良くなれないってこと?

友達なら別にいいんじゃないかなってあたしは思う

それでも

自分にとって特別な人の視線は独り占めしたいっていう気持ちも分からなくはない

あたしが恋愛対象として存在すると思われる
そういうことかしら


ルノーを困らせたくもないし、あまりしつこくしないようにした

そんな時、楽しそうに王宮の方に向かう後姿を見かけた



アルヴィン君だ


友達と話終わったのだろう

楽しそうに向かうものだから
アルヴィン君が向かう先について行ってみた

彼は王宮手前を左に曲がり、遊学舎の方へと歩いていく
そこにある建物に入っていった

NALULU_SS_0099_20130510224330.jpg

ラモン先生から剣技を教わっている

あたしも基礎的な技はラモン先生に教わったっけ
ラモン先生いつから先生をやってるんだろ?
あたしが入学した時と全く変わってないんじゃないかしら??

お礼を言うアルヴィン君の元気な声で現実に戻る

そういえば、今日って彼、誕生日なのよね

どこで聞いたんだっけ?彼が生まれた時に聞いたような気がする
王太子に息子が生まれたって

あたしと1日違いだから覚えてたのね

道行く人に誕生日を祝ってもらったのが嬉しかったことは覚えているわ
今でもきっと嬉しいに違いないのよ

NALULU_SS_0100_20130510224331.jpg

誕生日を祝うとちょっと照れくさそうに笑って
その顔がとてもかわいかった

もういくつになるのかって気になって聞いてみた

NALULU_SS_0101_20130510224332.jpg

今年入学するんだっけ
元気に答える彼がかわいくて
あたしもアナタ位のときはそう考えていたものよ

早く大人になりたいって 

大人になって、エルグに入って、ううん、ティルグにも入りたいとか迷ってったけ

それから、今日まであっという間だったな


アルヴィン君にその理由を尋ねると予想外の答えが返って来た

NALULU_SS_0102_20130510224333.jpg

え?


ああ、そうよね
結婚って意味わかってるのかしらね
今のあたしでも深く考えたことないわ

本気の言葉でなくても、その言葉は少し嬉しかった
憧れのお姉さんってことで存在するのかしらってね♪

待ってるわなんて言ったけど、待ってたら行き遅れそう・・・
アルヴィン君が嫁にもらってくれるなら別だけど

NALULU_SS_0103_20130510224334.jpg

絶対かぁ

子どもの心は変わりやすいしな~
その時の気まぐれのようなもの

あまり気に留めていなかったはずだった


少し親しくなったんで、アルヴィン君の入学式を見に
自分がなつかしんでいるっていうのもあったけど

NALULU_SS_0104_20130510224421.jpg

NALULU_SS_0052_20130512225220.jpg「オレあっという間に大人になるから」

確かにここに立ってから今日まではあっという間だった

入学式に参加して帰る途中、従姉弟のアズレトを見かけた
そういえば、アズレト、今日誕生日だっけ

3.jpg

アズレトも早く大人になりたいっていうけれど・・・
「早いんじゃないの?」ってお姉さん風吹かせて言ってみた

彼とも遊んだりもしたけれど、血縁関係が近いせいか弟のようにしか思っていない
彼もそうだろう

そういえば、今日って何か特別な・・・考え事をしていたら声を掛けられた

NALULU_SS_0110_20130510224422.jpg

姉ワンダルシアの夫でもあるヴァレリオだ

気さくで面白くて、あたしは友達のように思ってる
彼とは少しおしゃべりをして別れた

気がつくとまた王宮前通りにいる

まわってきちゃったのか

そんなあたしを見てたのか

NALULU_SS_0111_20130510224423.jpg

って、親父に声かけられて、あたしも何してるのって言葉繰り返しちゃったわ
そんなこと言ってお互いに笑いあったりして

もう夕暮れ、もうすぐ日が沈む


あ、思いだした


今日は4年に1度のサーカスがやってくる年だった
小さいころに1度だけ見たけれど、迫力もあって面白かったのは覚えてる
変わった生き物も来たりして
ナルルでは見慣れない存在にときめいたりもした

慌てて東公園に向かった

NALULU_SS_0116_20130510224425.jpg

大人になってみたサーカスは子どもの頃とはまた違った印象を受けた
やっていたことは変わらないような気もしたけど

帰りがけに陛下に挨拶をした

陛下ってことはアルヴィン君の爺さんになるわけね

NALULU_SS_0121_20130510224505.jpg

実はきちんと挨拶するのはこれが初めてだったりする

親父は「陛下とオレは親友だ」なんて言ってたけど、本当かしら
陛下には恐れ多くて聞けなかった

武王としても活躍する位強い陛下だもの、
余計なことを言ったらすっ飛ばされるんじゃないかなんて・・・って考えてたら
隣にいる王妃様からも声を掛けられた

NALULU_SS_0122_20130510224506.jpg

挙動不審に見えたのかしら?

王妃様は親父とは同じ年の従姉弟同士
なんとなく雰囲気が似てなくもない
あたしとも遠い親戚になるのよね、そう思うとちょっと自分が誇らしくみえた
あたしには王家の血はまったく入っていないんだけれども


大人になってみる新しい世界
舞台は同じでも一つ一つが新鮮で
これから、何が起こるのか今は全く想像できなくて

どんな日々になるのか楽しみね




<本気になる女>


プレイ記のフランジュはこんなこと考えてなかったですが

kekonsitai1_convert_20130511102514.jpg
kekonsitai2_convert_20130511102539.jpg

アルヴィン君の前髪の分け方逆に描いてしまいました
2枚目は直したのですが、1枚目はめんどくさ・・・直さずそのままです;





ちょっとダラダラした文章が続きましたが、

ワンド編とは少し書き方を変えたつもりのフランジュ編です
自分視点だし、あまり変わってないような気もしますが
創作要素が多めになるかと思います

おまけで小ネタとか挟んでいけたらいいなと思ってます


ここまで読んでくれてありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

おはようございます☆

おおお始まりましたね)^o^(フランジュちゃんの物語。
楽しみにしてました(*^。^*)

フランジュちゃん語りで物語が進行していくのですね(^_^)

扉絵がかわいらしい(*^∀^*)
魚(名前忘れた)加えたイムが超可愛いです☆
同級生面々のそれぞれの表情も良いなぁ(^∀^)
充分ときめきな話描かれてると思いますよ~

兄弟の紹介と両親の紹介…
解りやすくておさらいしやすいです(*^。^*)
そうそうポーカーフェース(チチモラ女)は兄弟も呼び捨てなんですよねw
そして親父お袋呼び。これは衝撃的でした(遠い目)
ちょっとボーイッシュというか男勝りなイメージがありますね

子供の頃集めてたもの…確かに実際大きくなってから見ると
なんでこんなものをと思う物いっぱいありますw
PCの意志が入ってもきっとキャラ的にもそう思ってるかも☆

一気に変わった同級生の成長後の姿…
みんな美男美女☆
一気に変わるからドキッとしちゃますねw
実際は数年出会わないと変わりって解り難くて
同窓会とかでドキっとしちゃうのですがw

そうそうどうでもいいはずなのに、他の人と話してると何とも言いようのない気持ちになりますね…

そして…可愛いイケショタ…キタ―――(≧▽≦)

ルノーさん…
確か異性の誰かと親友になってたら他の異性とは親友に成れないみたい(浮気防止のためか)だから
沢山作れないのがちょっとさみしいですね…

ラモン先生は永久に生き続ける人魚の肉を食べた不老不死の人間…
でもみんないつから…とかそんな疑問も感じなくなるのです…
感じなくなる様にしているのです…ラモン先生の不思議な力で…
それは子供達から採取した材料で妙薬をつくってるのです(と妄想)
それかいくつか体があってある程度肉体が滅んで来たら新しい体にすり替わるとか…
古い体はバフカに吸収…ってなんでこんなホラーな話しか浮かばないのか…

そうそうお前と結婚したいって言われると照れますよね(*^。^*)
アルヴィン君とフランジュちゃんの年の差って殿下とマフユの違いなのか…
卒業まで待つのはいき遅れそうで結構、賭けに近いものになりますね(^_^;)

アルヴィン君の爺さん(陛下)確かに父と親しいのですかって聞きにくいですねw
でも親族が王家に入ってるって結構自慢になりますね(*^。^*)
自分と直接関係はなくても…


そして最後の漫画吹きました…
そう候補は沢山いるけどそれらを切り捨てるのは
人生の大決心というか…
確かに待ったわフラれたわじゃ悲しいから、誓約書書かせないとwww


フランジュちゃんのお話楽しかったです(*^。^*)
ワンド君編も続けて楽しみにしています☆

>lise様
こんばんは

楽しみにしてくださってありがとうございます!

あんまり具体的に決めずに始めちゃいました;
そうして、後後になってほころびが出ないように気をつけないと

扉絵は気合を入れました☆
魚は「ザバル」です!魚の中では一番って言っていいほど気にいってます
ある時は家族に見立てて一緒に暮らしましたw
これより未来のことなので、プレイ記でも紹介するかもしれません
どろぼう猫ならぬ、どろぼういむもかわいいってありがとうです☆
ホントはみんなただにこやかな顔でしたが、セリフを言わせてみました
私のプレイ記ときめき見えますか!?
ありがとうございます♪


フランジュ編では1日にヒルデと話したSSがなく、
ヒルデとワンドの紹介はぬかしました^^;
今までワンド編で書いてはいるのですが
フランジュの姉ルシアやって、チチモラージョが兄弟呼び捨てって初めて知りました
親父、お袋って呼ぶだけでも印象だいぶ違いますよね!
他のセリフは色っぽい女性な感じがするのに!!

子どもの頃集めてたものってどうでもいいようなものだったりもします
ただ、思い出深くて捨てられなかったり
懐かしい感じしますよね
ナルルの引き出しは虫や花で埋め尽くされてたりもしますね
誕生日のプレゼントとかだといいのですがw
子どもの頃は虫が大好きでも大人になって見て、なんだこれって思ってるでしょうね


ネバ的にいくと成人式でみんな変わりますからね
表現どうしようかと思いました
きっと徐々に変わっていくのでしょうけど、大人時代から始めるし
今回みたいな書き方にしました
馴染みの姿が大人っぽくなるとどきりとしますよね

意識してないようで意識していたとか、
友達として仲良くても異性としてちょっとは気にしてるのかなと
仲良かっただけに気にしちゃうのです

アルヴィン君とはここでちゃんとした出会いになります
アルヴィン君かわいいですよね!

恋人がいると親友ってなれないんでしょうかね
せっかく親友になれるのにって思ったりもします


それはホラーな話ですね
巫女様も神官様もどうして長生きなのか・・・考えるときりがなく妄想しそうです

ナルルで一番初めに撮ったSSが「アナタと結婚したいから」っていうセリフでしたw
子どもから言われるのでもドキドキしますw
殿下とマフユちゃんと同じくらいの年の差になるんですね!?
殿下とルーメイさんが丸1年離れてますよね
下手すると同級生の子と仲良くなってね、自分は見向きもされないとか
同級生の子とは友人になれるから、自分は不利なんですよね

一応、陛下ですしね
親族ってだけで、近い気がしますよね

漫画笑っていただけたようで嬉しいです
彼を待つには色んなイケメンを諦めねばなりませんから
特に1つ年下の男の子が私のツボに入り、何度か彼に転び掛けそうにもなりました
で、結局どうなるかはこれからのプレイ記ですが、
波乱にはならないと思います
ナルルでの3年間は大きいですよw
9歳は27歳くらいになりますし、付き合って結婚するとなるともう少しかかります
約束取り付けないとww

次回はどちらを更新するかは決めかねてますが、
ワンド編もそう遠くないうちに更新します

No title

>porori様

拍手コメントありがとうございます!
こちらで返信させてもらいますね
見に来ていただいていたようで、嬉しいです☆
私も時々お邪魔させていただいてはブログを拝見させてただきました^^
liseさんのブログで気になったのが最初です

また見てくださると嬉しいです
プロフィール

りゅうら

Author:りゅうら
お越しいただきまして、ありがとうございます。りゅうらのワーネバブログです。今まで、PS版オルルド、プルト、PSP版2in1、ナルル、ククリアはプレイしたことがあります。今はナルルメインですが、他の記事を書くこともあると思います。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お客様
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。